魔法のクリスタルワンド

皆さんにご愛顧頂いている聖地の木で作るクリスタルワンドが日本で手に入れられます。


2015年4月22日 オランダ アムステルダム ラタトゥーリア コーヒーショップに新しいワンドが入荷します。

     4月28日 沖縄石垣島 クリスタルガーデンにワンドマスターケンが新しいワンドが入荷します。

     5月1日  静岡アンビエンテに新しいワンドが入荷します。

     5月6日  東京・北参道アートヴィレッジ クリスタルワンドワークショップ


     お直しの方で直接アートヴィレッジにお越しの方は、こちらからご希望の日時を送信してください。

     

  5月8日~22日 東京・北参道アートヴィレッジにてお直しとオーダーを受け付けています。

  メールはこちらから(日本語で対応します)


ワンドが欲しい方には、お申し込み方法は、

このページに一番下に掲載していますのでご覧下さい。


3つのクリスタルの頭を持つ、珍しいオリジナルなクリスタルワンド
3つのクリスタルの頭を持つ、珍しいオリジナルなクリスタルワンド



 

これは、魔法のワンドです。

 

イギリスの聖地で手に入れた木と、チャージしたクリスタルを使って

創る、あなたのための魔法のワンドです。

 

写真↓は、冬至のストーンヘンジの石の上でチャージしている

クリスタルワンド『サーペント』(オーラリーダー進藤詩愛さん所蔵)

クリスタルワンドとの出会い

クリスタル・ワンドとの最初の出会いは1996年のイギリス、グラストンベリーでした。

 

ミカエルの塔の下でタロットリーディングをしていたグラハムという男性が、「君にはこれがいい。」と手渡してくれたのが始まりです。

グラストンベリーの丘の土が中に入っていて、ふるとサクサク音がするのですが、このワンドガ、その後イギリスで生活することになった私に、いつも道筋を示してくれたのです。

 

2度目の出会いも、やはりグラストンベリーでした。

 

右上の写真は、グラストンベリー修道院ですが、ここの庭を歩いていた時、いきなり誰かに頭を叩かれた感覚が・・・

 

痛いっ!と振り向くと、そこには一本の木の枝が落ちていました。

木から枝がぽきっと折れて、私めがけて飛んで来たのでした。

 

聖地の木には賢人のスピリットが宿っているとされているイギリスの木。手折ることなど、とてもではありませんが、できません。

でも、向こうから飛んで来たのですから、きっとこれは、スピリットからの贈り物かもしれない・・・と、手に取ってみました。

 

これでワンドを創りなさい


枝を手にした時、「ああ、これは次なるワンドを持てと言っているのだ。」ということがすんなり心の中に入って来ました。

今まで、導いてくれたワンドに感謝して、次なるワンドを手にする時が来たとすると、一体、ここからどんなことが始まるのか?という思いが私の中をよぎりました。

 

間髪入れずに、枝が語るには、「次なるワンドは、ペンの形になって、あなたに書く力与え導きます。」とのこと・・・。

 

私は、その枝を大切に持って帰り、夫に相談すると、手先の器用な夫は、二つ返事でワンドを創りはじめたのです。

 


一番上のストーンヘンジを背景にした写真で、私が持っているのがその時の枝で作ったクリスタル・ワンドです。

 

このワンドを創り始めた時、夫は私が本の出版ができるように祈りをこめて創ってくれました。その後、2冊の本を出版することができたのですが、そのあとワンドについたクリスタルがぽろっと落ちて、お役目が終わりになりました。

 

どうやら次のワンドとの出会いが始まる気配です。


ワンドを持つ準備ができた人のために創ろう


風に吹かれた枝のオファーをくれたロング・メグとその娘たちストーンサークルの木
風に吹かれた枝のオファーをくれたロング・メグとその娘たちストーンサークルの木

ここからは、ワンドそのものが自分で歩み始めた感があります。

 

ワンドは、私の直感と信じる力を高めてくれたので、

そうだ、ワンドを持つ準備ができた人たちのために、ワンドを創ろう!と・・・。

 

しかし、聖地の木を切ったり、手折ったりすることはできません。

 

どうやってワンドになる木を得ることができるのだろう?

と、考えている時、アメリカから私たちの家にホームステイに来た女性が、ストーンサークルに連れて行って欲しいというので、北西イングランドのストーンサークルにお連れすることにしました。

 

その前日、嵐のような風が吹き荒れましたが、朝になるとケロッと晴れたので、車を蹴って出かけると、そのストーンサークルの中心に、風で折れた木の枝が・・・

 

更に、なぜかクリスタルまでが枝と一緒に落ちているのです。

 

やりたいこと、望む方向へ進めるように直感を高め、信じる力を強め、サポートしてくれるのが、クリスタルワンドだということを身をもって知った私たちは、持つ人の願いを一緒に祈りながら創る、まるで仏像のようなものなのだという認識に至りました。

しかし、ワンドは、そこでは留まりませんでした。

 

その女性は、スイスの某健康機関で働きたいという夢をもっていらしたので、槍のように大きなクリスタルワンドを製作し、使ってもらうことにしました。

彼女の能力や人格の素晴らしさにより、見事、スイスでの仕事を手にされましたが、ワンドは彼女の願いに方向付けをし、大志を抱いた時には、降りかかって来がちなネガティブな要因を、まるで槍のように働いて追い払ったと思います。

 

困った時や、心細い時には、人は小さな石を握りしめて祈ることもあるものです。ワンドはパワフルな味方となり、見えない世界の強力を仰ぐために働いてくれるので、ポジティブな意識とイメージを保つためには、最高のツールになる。

 

そう信じられる訳があります

 

さて、聖地の木の枝が『在りたいように』『自然なままに』

木とクリスタルの気持ちに従って創ったものが、持ち主のところに行くのだと言うことを伝え始めました。

 

 

夫は、クリスタルと対話しながら

クリスタル・ワンドを創る生活に入ったところ、更に、ワンドがリクエストをつけて来ました。


海のエネルギーを込めて下さい


石と木、そして海のエネルギーを一つにすること。

 

クリスタルを満月の海でチャージするのか?

真珠をつけるということなのか?

 

考えればいくらでも方法があるのですが、どれもしっくりきません。

 

そんな時、古代の人たちから伝わったある方法を使うことで、

見事に海のエネルギーと同調させることができるということがわかったのです。

 

その結果、人生のステージごとに、役目を終えるワンドから、次世代まで継ぐことができるワンドへと見事に姿を変えたクリスタル・ワンドは、大切にしまっておけるように、プロテクト能力の高い箱の中に入れることになりました。

 

こうして、深い海の色、宇宙の色をたたえるロイヤルブルーのベッドに、クリスタル・ワンドが納まるようになったのです。

KKBのロゴが入った化粧箱は限定版
KKBのロゴが入った化粧箱は限定版
刀のようにシャープなビジネスマン仕様のワンド・所蔵はITビジネスのコンサルタント
刀のようにシャープなビジネスマン仕様のワンド・所蔵はITビジネスのコンサルタント

その秘密はワンドの使い手にそっと教えます


でも、ワンドではこんなことはできません


クリスタルワンドを持てば、願いが叶うとか魔法のようなことができると思っている方がいるとしたら、その構造から、そんなことは無理だということを、まずお知らせしておこうと思います。

 

車の運転にたとえれば、人生という道をとドライブするのがあなた。

そして、そのナビをしてくれるのがクリスタル・ワンドです。

 

ですから

あなたが、人生の行き先が分からずに車の運転をしても、ナビがあなたを適当なところに連れて行くわけにはいかないのと同様に

 

あなたが、あなたのハンドルを握っていなければ、どこへも行けないという構造です。

 

また、運転したくない車を運転していると言う場合も、

人生においては、やりたくないことをやって、行きたくもないところへ向かうのと同じことですから、クリスタル・ワンドがあったとしても、無用の長物です。

 

つまり、ワンドに頼って生きるわけにはいかないということです。

 

そして、まず、あなたが魔法のようなことは実際に起きるということを信じられるかどうかが大切です。

 

信じられる人には、本当に魔法のワンドとして働くのです。

ワンドはこのようにあなたをサポートしてくれます


これからの方針や方向性を決めたい時に、ダウジングのロッドのような役割を果たしてくれます。

 

また、聖地のエネルギーや、特定の時空間と繋がって、あなたが創造したい現実にエネルギーをもたらす役割を担ってくれます。

 

魔法のお話の中では、こうやって、他の時間や空間と今、ここを瞬時につなげることで、モノが変形したり消失したり、出てきたり、さまざまな変化を起こすわけですが、その背後にあるのは、すべてが「時間」と「空間」をいかに扱うかという個人のイメージとアイディアが瞬発力となって発揮されるということです。

 

そして、それを起こすためのパワーを集約させるためのツールとして、魔法のワンドが描かれているというわけです。

 

つまり、あなたの時間と空間の感覚が更に研ぎ澄まされ、そこから起こってくるシンクロニシティが、更にあなたの直感力を研ぎ澄まし、

「あ、思った通りのことが起きている。」という瞬間がどんどん増えて、自分の直感と現実の間にギャップがなくなる・・・つまり、そういったギャップによって起こる自己信頼の低下がなくなり、向上し始めるわけです。

 

感覚が鋭くなり、さまざまな事象をキャッチする能力が高まる。

そして、その結果、現実の中で選択していくものが、少しずつ変化していくわけですね。

ですから、クリスタル・ワンドは

実際に、手にとって振ったりする必要は、ありません。

魔法のお話の中のような行動を超えて、意識を同調させていくだけでいいのです。

 

 何事も基本は、自分自身にあると言うことを知っていないと、ワンドを持ったことで依存癖が高まり、単なるお守りだと思っていると、そのパワフルさに、足を取られてしまわないとも限りません!

 

と、ちょっと怖いことを書きましたが、

 

本当です(笑)

 

なぜなら、聖地の木とチャージしたクリスタルは

使命を帯びているといってもよいくらい、アラジンの魔法のランプのような波動を持っていると言ってもおかしくありません。

それほど、

パワフルです。

 

人は変化を願っていても、加速的な変化が起こり始めると

ブレーキをかけたり、言いわけをしたりするものです。

そのパワーが強く影響すればするほど、逃げたくなることもあるのです。

 

そんなことを踏まえて、

 

「自分を知る」ということと、今の自分を超えて行くと言うことを旨に、このワンドを使って欲しいと思います。

 


聖地ツアーにワンドを持っていく


2014夏至グラストンベリーの丘
2014夏至グラストンベリーの丘
2013冬至ストーンヘンジの中
2013冬至ストーンヘンジの中

風を吹かせてオークの枝をくれたロングメグスタンディングストーン
風を吹かせてオークの枝をくれたロングメグスタンディングストーン
ツアーで訪れたスコットランドのロズリンチャペル
ツアーで訪れたスコットランドのロズリンチャペル


イギリスをはじめとする聖地ツアーに出かける時には

クリスタルワンドを持っていくことをお薦めします。

聖地そのものが持つ、エネルギーや知恵とワンドそのものが同調し

学びます。

古代の知恵に触れる時、ワンドは本領を発揮するためにスイッチをオンに・・・。

 

 

また、普段の旅や、留学、出張の時にも、ステイする場所を

自分特定の波動の高い場所にするために、用いることもできます。

 

 

ワンドが欲しい方へ!


 

 

 

自分にあった大きさやクリスタル、願望に合わせたオーダーメイドのクリスタルワンドが欲しい

 

このような方のためにお申し込みを受けつけさせていただきます。

 

オ―ダーまたは製作済みのものをご希望の方

 

どちらも

 

以下のお申し込みフォームからお申し込み下さい。

 

 

 

【オ―ダ―クリスタル・ワンド】

 

製作に3週間~1か月要します。

 

ご希望のチャージクリスタルや、木の種類をリクエストして下さい。

夏至にストーンヘンジ、満月の湖水地方のストーンサークルで

チャージしたクリスタルを使用します。

 

お手持ちの枝や、クリスタルでもお創り致します。

 

あなたの願いに特化したクリスタルワンドにすることもできます。

お申し込みの際に、願いを書いてお送り下さい。

サンディングの時から祈りを込めていきます。

 

 

価格 50,000円 (税別)

化粧箱入り

(箱代金15,000円は別途お支払いお願いしております。)

 

特別オ―ダ―の場合は、

ご指定の日に現地でチャージしたクリスタルと、

聖地の木を使用したものを創ります。

 

ストーンヘンジ、エイブベリー、グラストンベリー

その他のストーンサークル数カ所の合併チャージなども

リクエストにお答えいたします。

 

価格 10万円~(ご相談下さい)

 

ペイパルでのお支払いも受け付けています。

 

写真は広島在住・木村美香さんのワンド 沖縄の木の枝を使ってル―ンとハーキマーをアレンジしたものです。ワンドクラスに参加されてご自分でサンディングしたものです。
写真は広島在住・木村美香さんのワンド 沖縄の木の枝を使ってル―ンとハーキマーをアレンジしたものです。ワンドクラスに参加されてご自分でサンディングしたものです。

写真は2013年冬至のストーンヘンジの夜明けに、サークルの中に入って石の上でワンドをチャージした後、持ち主の願いが叶うように、お祈りをしているところです。

ワンドマスターも、一緒にストーンヘンジの中に入って製作したワンドにエネルギーチャージをしているところです。


メモ: * は入力必須項目です