冬至のイギリス聖地ツアー

2016年12月16日~23日

【キャンセルのお知らせ】→冬のパリ・ルノルマンツアーは2017年夏のジャパン エキスポに向けたツアーに変更致します。

ツアー参加をお考えの方へ

5次元ライフに始まった今年2016年は、5次元ライフを経験し始めた人がどんどん出てきた年でした。

シンクロが起こり、今まで生活している町なのに、全く違う感覚の生き方に変わってしまった人も、たくさん出てきたようです。

仕事が変わった、もう今までと同じことはできない。

身体が進化し始めたのか変調が続く。

考えていないことが頭の中に入ってきて、わかるという状態が瞬時に起こるようになっている。

夜見る夢も、ビジョンとしての夢も大きく変化した。

人間関係がドラスティックに変化している。

そして、来年から始まる新たな9年サイクルを前にして「生き方を変える!」と決心した人の参加を求めています。

 ◆今回のツアーは、なかなかルートに入れられないコーンウォールに行きますが、予定の中に魔女博物館などはいれません。

(19個の石でできている、メリーメイデンストーンサークルなどのレアなストーンサークルには必ず行きます。)

 

◆ハードな行程なので、募集は限定4名までとします。

◆ツアーの最中に、来年からの9年サイクルのビジョンを明確にするセッションを行っていきます。

◆締め切り 特に設けません。先着順で4名になったときに締め切ります。お早目にお申込みください。

 パスポートが切れている方や持っていない方は、パスポートをとる前にお申込みください。

◆全日朝食付きのホテルを予約します。昼食は軽めにご自分でお願いします。夕食は到着日の軽い夕食と別に3食の予定。あとはご自分でお願いいたします。

◆参加費 25万円 (イギリス国内での移動のための車の手配、運転はこちらがします)

 

(円高なので、いつものツアーよりも日数を長くして、少人数で最大限の距離と聖地を訪れる計画にしましたので、ツアー代金は通常と同じ額とします。)


  私たちの聖地ツアーは5次元ツアーです!

 

場所でいえば、そこはブリテン島ですが、次元でいえばそこは5次元の入り口で、そこから更に進んだ意識への世界へと誘っていくのが、私たちの役目です。

今回で地球4周の距離に突入する聖地ツアーの走行距離を運転するのはワンドマスター・ケン。2000年からのミッションです。

すごい体験へと導く、タイミングの王者です。

 

5次元ライフへの案内人であるJUJUこと小宮ベーカー純子は、

日本とイギリスといった「異文化間の通訳」と、「5次元世界との間の翻訳」をしながら、聖地と呼ばれる、異界への入り口と、オシャレでおいしくて楽しいイギリスへごいっしょします。

(写真は、京都東山の青龍寺大舞台にあるガラスの茶室の前で)

 

ラフ・スケジュール

12月16日(金 マンチェスター空港 集合 お迎えにあがります。 宿泊はWarrington

日本からの飛行機は、ご自分で予約購入してください。

こちらが知っている情報は差し上げますので、初めての方は、パスポートをとるところからお願いいたします。

マンチェスターへの直行便はありませんので、ロンドンか、欧州のどこかの都市でのトランジットになります。

 

12月17日(土 湖水地方 カスリッグストーンサークル&ロングメグとその娘たちストーンサークル 湖水地方に宿泊

イギリスの聖地として有名な湖水地方のストーンサークル2つを巡ります。

13ある湖のうち、ウルスウォーターなどの神秘的な湖を訪れます。

 

12月18日(日 グラストンベリー 朝グラストンベリーに向けて出発し、修道院と聖杯の泉へ。グラストンベリーに宿泊

北西イングランドの湖水地方から一気に南下して、グラストンベリーまで。

2時をめがけて移動し、伝説のグラストンベリー修道院と、聖杯の泉を訪れます。

夕食は、100モンキーズなどのオーガニックレストランの予定。

グラストンベリー中心にできるだけ近いところに宿泊する予定です。

 

12月19日(月 コーンウォール地方へ

朝コーンウォール地方のランズエンドに向かって出発 午後12時~17時の間、聖ミカエル島へ コーンウォール地方に宿泊

 

更に西南のイングランドへと向かいます。こんな移動をするの?というワープにも似た移動がJUJUの聖地ツアーの5次元的な感覚です。

 

 

 

引き潮になる午後を狙って、聖ミカエル島に徒歩で渡る予定。周囲の海底には、化石になった森があると言われる、神秘の海岸です。

そこからランズエンドへと向かい、地の果てを経験。

夜、闇の中のメリーメイデンストーンサークルにキャンドルを持って向かいます。

 

 

12月20日(火 コーンウォールからグラストンベリーそしてストーンヘンジエリアへ

朝 コーンウォール地方を出発してグラストンベリーに立ち寄り、ストーンヘンジ近くで宿泊

冬至のエネルギーが高まったグラストンベリーの丘に登って瞑想をしたのち、これもまた冬至のエネルギーが高まった

ストーンヘンジエリアに宿泊します。

 

12月21日(水  朝。冬至のストーンヘンジの中に入ります(年に2回だけ解放されるうちの1回がこの日)

夜明けの時間までにストーンヘンジのゲートまで徒歩で行きます。

野外コンサートかと思うほどの臨時駐車場から1時間ほど歩いて、ストーンヘンジ内部に入るためのゲートへ。

絶対に歩きやすい靴が必要。

その後、周囲の聖地などを訪れてからロンドンへ  

 

12月22日(木 終日ロンドン・大英博物館などへ

 

12月23日(金 帰国

到着は、24日のクリスマスイヴになります。帰国便もご自分で手配をお願いいたします・

 

 

 

移動の行程

一人で、車を運転しても、この時間内に、これだけの聖地を回るのは無理難題です。

ストーンサークルを探しても、2日で1個探せるほどの難易度の高さです。地図には出ていても、看板を出していないのが、その理由。

呼ばれた人だけがいけるように守られているからです。


【ツアーに関して】

 

このツアーは、規制のツアー会社が行っているツアーとは異なり、現地に集合し、古代遺跡やルノルマンカードを学びたい方たちがともに研修しながら旅をする、個人旅行です。

従って、旅行保険などは、すべて参加者の方の責任のもとでお願いしています。

 

欧州在住だからこそ、わかる、提供できることは日常レベルから伝説に至るまで多岐にわたり、2000年から始めたこの旅の車の走行距離は、地球を2周半するほどに達しました。

 

延べ100人以上の方が参加したこのツアーは「時間旅行」とも「次元間旅行」とも名付けられるほど、シンクロイシティやミラクルな出来事がいっぱい。

多くの人の変容の一助となっていることを誇りとしています。

 

 

今年こそは、出かけていきたいとお考えの方、半年前から準備のお手伝いをします。

まず、お問い合わせ下さい。

 

ツアーに関する詳細は共著「ユア・ターン」に書かせてただきました。

 

「行きたいところに行きなさい。」という文言は

「生きたいところに行きなさい。」と、同義語だとわかっていただけると思います。

 

「ユア・ターン~あなたの番~」はこちら